電話099-258-4133

お子様の耳、だいじょうぶ?滲出性中耳炎ってどんな病気でしょうか

お耳が痛くない!・・・から要注意

一般に知られている中耳炎は急性中耳炎と言われている病気です。
細菌による化膿性の炎症で、耳が痛いので、比較的発見しやすい病気です。
しかし、滲出性中耳炎は耳の中に水がたまり、耳の聞こえが悪くなる病気です。
耳が痛くないので、気づきにくく発見が遅くなります。



お子さんに多い滲出性中耳炎

3~6才くらいまでのお子さんをお持ちのお母さんは特にご注意下さい。
滲出性中耳炎はこの年齢層がピークで、気が付いてあげられるのはお母さんだけです。


ほっておくとどうなるの?

滲出性中耳炎の聞こえにくさの程度は軽いのですが、ほっておくと治りにくくなります。
この状態が続くと日常生活の中で音を通じた学習が少なくなるため、伸び盛りのお子さんの知的な成長が遅れてしまうおそれがあります。


「もしかしたら」は発見のきっかけ 次のような症状に注意して下さい。

2~3才

  • ・言葉の発育が遅い。
  • ・怒りっぽく、よく泣く。

3~6才

  • ・後から呼んでも返事をしない。
  • ・大きな声でしゃべる
  • ・テレビの音を大きくする。
  • ・言ったことを聞き返す。

6才以上

  • ・落ち着きがない。
  • ・協調性がない。
  • ・積極性がない。
  • ・内向的である。

どういう治療が必要でしょうか?

局所に対する治療としては次のようなものがあります。


  • 耳管通気(鼓膜の奥の部屋に空気を送り込む治療)
  • 鼓室穿刺(鼓膜の奥に溜まった液を抜く治療)
  • 鼓膜切開(鼓膜の奥に溜まった液を抜く治療)
  • 鼓膜チューブ留置(長期間液が溜まらないようにする治療)
  • 鼻やのどに病気(副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎扁桃肥大、アデノイドなど)があるときは、その治療も必要となります。

その他、抗生物質や消炎酵素剤などのお薬を必要とすることもあります。





田上クリニックへ初めてお越しの方へ
めまいでお困りの方へ
 めまいの検査について
お子さんに多い滲出性中耳炎について
鼻血について


大きな地図で見る

ページ先頭へ戻る